マレーシア-Malaysia-

マレーシア女子旅inペナン島!世界遺産の街をひとり旅で満喫できる観光スポットをご紹介


「東洋の真珠」と言われるペナン島。

ペナン島にある「ジョージタウン」は、世界遺産に登録されたアートの街としても有名です。

そんなペナン島は、女子旅、しかもひとり旅で訪れても楽しめる魅力いっぱいの観光地!

私が訪れた女子旅におすすめの魅力的な観光スポットをご紹介します。

 

 

ペナン島No1の観光名所!街全体が世界遺産の「ジョージタウン」

2008年にマラッカと共にユネスコの世界文化遺産に登録された「ジョージタウン」は、アートの街として有名な場所。マラッカ海峡に位置しさまざまな交易ルーツにもなったことから、街には様々な文化が入り混じった建物が多くみられます。

そんなジョージタウンは、歩いているだけで楽しい気分になる面白いストリートアートがたくさん。

ジョージタウンは大きくないので、歩いて見て回ることが出来ます。

イギリス植民地時代の面影と様々な文化の融合が、独特な街並みを作っていて非常に楽しいストリートです。

 

豪華絢爛なマレーの繁栄の歴史を豪邸から知る「ペナン・プラナカン博物館」

ミントグリーンの壁が印象的な「プラナカン博物館」

その名の通り、ペナン島のプラナカン文化を紹介する博物館になっており、中はいくつもの部屋に分かれ調度品や骨董品など、数多くのプラナカン文化の品を見ることができます。

ちなみに「プラナカン」とは、15世紀後半から数世紀に渡ってマレーシアに移住した、主に中華系移民とマレー人との末裔を称した呼び名です。

 

彼らはその商売の類稀なるセンスから、このペナン島でも巨万の富を築きました。

東洋と西洋が融合した素敵な豪邸の中は、細部までこだわられていて目を見張る美しさ。

こんなところに住めたらな〜っと妄想が膨らみます。

 

広い豪邸を奥に進んで行くと、こんな中庭も。

ここはお祈りの祭壇だそう。

広いお屋敷の中にはフォトジェニックなスポットも満載なので、ぜひ探検してみて欲しいです。

入場料はRM20
見学は1時間ほどあれば見れます。

ペナン・プラナカン博物館
営業時間: AM9:30〜PM5:00
入場料: 20RM(6歳以下無料)

 

神秘的なインディゴブルーの世界…!ペナンで泊まりたいホテル「チョン・ファッ・ツィー・マンション」

鮮やかなブルーが美しい、通称ブルーマンションと呼ばれる「チョン・ファッ・ツィー・マンション」

もともとは東洋のロックフェラーと呼ばれた大富豪チョン・ファッツィーが娘のために建てた豪邸で、今は宿泊施設として使われています。

宿泊者以外の方は、日に3回行われる見学ツアーに参加するか、中にあるレストラン「indigo」を利用すると敷地内に入場可能です。

全てがインディゴブルーに包まれたお洒落で素敵な空間は、そこで時間を過ごすだけでうっとりしてしまいます。

 

チョン・ファッ・ツィー・マンション(ザ・ブルー・マンション)
営業時間: AM11:30,PM2:00,PM3:30
ツアー時間: 45分
入場料: 17RM(12歳以下8.5RM)

 

ペナン島名物・ラクサが美味しいレストラン!「My Own Cafe」

魚の出汁を使ったスープが美味しいペナン名物のラクサが食べられるお店「My Own Cafe」。

ペナンに来たら一度は食べておきたい絶品料理です。
カランガルやターメリックなどの香辛料が効いた少しピリ辛なスープに、もちっとした太めの麺がとっても美味しい!

My Own Cafe
住所:2 Lebuh Cannon | Opposite Khoo KongsiGeorge Town, Penang Island 10200, Malaysia
営業時間:10:00〜16:30(土日は9:30〜)
定休日:水曜日

 

ペナン島のお洒落なカフェで一息つくなら…「LAVISH」

ペナン島にはお洒落なカフェがたくさんありますが、私がお気に入りだったのはここ。

緑に溢れ、自然光が入る爽やかな空間が素敵なカフェ「LAVISH」です。

 

人気のスムージーや、焼き立てで出してくれるディニッシュが絶品!

Wifiもあるので、ネットも繋げます。

店内も広くインテリアもお洒落なので、インスタ映え間違いなし!

午後のティータイムにぜひ訪れてみて。

 

LAVISH
住所:214 Lebuh VictoriaGeorge Town, Penang Island 10300, Malaysia
営業時間: AM10:00〜PM11:30

 

優雅なアフタヌーンティーを満喫するなら…「イースタン・アンド・オリエンタルホテル」

ペナン島の老舗ホテルとして有名な「イースタン・アンド・オリエンタルホテル」

そのホテル内の「1885」というカフェにてトラディショナルアフタヌーンティーが楽しめます。

価格は65.3RM

アフタヌーンティーは宿泊者以外も利用可能。

ホテル自体が歴史があり趣ある建物なので、ゆっくりお散歩しながら優雅な時間を過ごすのもおすすめです。

海辺を眺めながら過ごす、贅沢な午後のティータイムは至福の時間です。

イースタン・アンド・オリエンタルホテル
カフェ1885
アフタヌーンティー受付時間: PM2:00〜PM5:00

ペナン島の宿泊におすすめのゲストハウス「The Frame Guesthouse」

ペナン島でお世話になった「The Frame Guest House」

お部屋がとても綺麗で、アートな街だけあって中の造りも非常にお洒落でした。

朝食、ランドリーサービス、もちろんWifi有り。
フェリー乗り場から歩いて来れる距離なので、移動も楽ちん。

メイン通りに位置しているので、近くには屋台やバー・レストランがたくさんあり、夜のお出掛けもしやすかったです。

オーナーさんもとても優しくて良い人でした!
ペナン島に来た際はおすすめのお宿なので是非。

The Frame Guest House

 

アートな街、ペナン島。

女子旅にはもってこいの場所です。
フォトジェニックなアート散策を是非。

 


Instagram
https://www.instagram.com/traveler_s23/


 

SHIORI




google広告

  • About me!

SHIORI

「綺麗を磨く旅」を追い求めて、世界の美容情報を収集しつつ旅をしている女子旅専門トラベルライターです♪女の子の好奇心をくすぐる旅情報を発信していきます!最近活動してないけど、実は歴7年のベリーダンサーの側面もあり。

おすすめの記事

-マレーシア-Malaysia-
-,

Copyright© トラベルライターSHIORIの女子旅ブログ* , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.