沖縄-okinawa-

【徹底解説】ホテル「ハレクラニ沖縄」が1歳半ベビーとの子連れ旅行にベスト過ぎた話。


 

こんにちは!
トラベルライターのSHIORIです。

沖縄は何度も訪問しており、子連れ旅でも毎年行っているのですが…

SHIORI
その中でも「ハレクラニ沖縄」はレベル違いで素敵過ぎたので、ご紹介させてください。

特に、1〜3歳くらいのおてんばでやんちゃなベビー連れでこそ、楽しめるホテルだと思います!

おすすめポイントとともに、素敵なホテルの様子をご紹介します。

ハレクラニ沖縄ってどんなホテル?

2019年7月に開業した、ハワイの「ハレクラニ」の姉妹ホテル

那覇空港から車で約75分ほど移動した沖縄本島の恩納村にある、高級リゾートホテルです。

高級ホテルが多く立ち並ぶ恩納村に位置するため、その景観は格別!

全室オーシャンビュー・オーシャンフロンで、どのお部屋からも美しい海を望めます。

ハレクラニ沖縄公式HPより

また、ハレクラニは、世界中の高級ホテル&リゾートを取り扱うホテル協会「ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド」に加盟しています。

なんと、日本でLHWに加盟しているのは6つのみ!

日本のLHW加盟ホテル6つ

帝国ホテル

パレスホテル 東京

ザ・オークラ 東京

ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜

フォション ホテル 東京

ハレクラニ 沖縄

一定の条件をクリアできた最高ランクのホテルのみが加盟できるLHWに入っていることもあり、その素晴らしさはお墨付きです。

ハレクラニ沖縄は3棟で構成されている!

ハレクラニ沖縄公式HPより

「よし!そんなに良いなら、ハレクラニ沖縄を早速予約しよう!」…となったそこのあなた。

ちょっとお待ちを。

ハレクラニ沖縄はトータルして素晴らしいホテルですが、敷地も広く、階層もあるため、選ぶお部屋のランクによって景色や過ごし方が変わります。

SHIORI
絶対に失敗しないお部屋を選ぶためには、まずはハレクラニ沖縄にある3つの棟を把握しましょう。

ハレクラニ沖縄にある3つの宿泊棟

ビーチフロントウィング棟

サンセットウィング棟

ヴィラ棟

ハレクラニ沖縄には、上記3つの棟があります。

それぞれ特徴や良さ、値段も違うのでしっかり把握しておきましょう!

ビーチフロントウィング棟

メインゲートを進み真っ直ぐ進んだ正面にあるのが「ビーチフロントウィング棟」です。

10階建ての建物で、全室オーシャンビュー

ハレクラニと言えばの画像でお馴染みの、オーキッドプールが目の前に見える棟です。

ハレクラニ沖縄公式HPより

最もポピュラーで選ぶ方が多く、価格もお手頃(他の棟に比べ)なのが魅力。

SHIORI
私が宿泊した時もこのビーチフロントウィング棟でした。

ビーチフロントウィング棟に宿泊する時のポイントは、選ぶ部屋の階層です。

せっかく沖縄に来て美しい海を眺めたいのであれば、ある程度の階層から海を眺めたいもの。

それぞれ解説します!

【1F 】Deluxe Partial Ocean View Beach Front Wing(デラックス パーシャル オーシャンビュー ビーチフロントウイング)

ハレクラニ沖縄公式HPより

ビーチフロントウイング棟の地上階(1F)に位置するお部屋。

芝生に出られるという良さはありますが、海の眺めはイマイチ。

SHIORI
子供が駆け回る時に芝生直結が良さそうということであれば、選択肢に入るかも。

【1〜3F】Deluxe Ocean View(デラックス オーシャンビュー)

ハレクラニ沖縄公式HPより

私的には中途半端なお部屋です。

芝生に出られる面白さも無ければ、羨望もイマイチ。

お部屋の広さなどは大きく変わらないので、景色をそこまで重要視していないのであれば選んでも良いかも。

【4〜10F】Premier Ocean View(プレミアオーシャンビュー)

ハレクラニ沖縄公式HPより

ビーチフロントウィング棟に宿泊するのであれば、本命はここ!(予算がある方は別)

プレミア以上のお部屋は海がよく見え、景色も申し分無しです。

SHIORI
私もプレミアオーシャンビューで予約しました。

【各階の端】Executive Ocean Suite(エグゼクティブオーシャンスイート)

ハレクラニ沖縄公式HPより

ここからスイートのお部屋になります。

お値段も一気に上がります。汗(安い時でも13万/1泊くらい ※公式サイト調べ)

今までご紹介したスタンダードのお部屋よりも1.5倍も広くリビングルームとベッドルームが仕切られているのが特徴です。

SHIORI
子供を早く寝かせて大人だけで夜を満喫したい場合には、部屋が分かれている仕様は良いですね。

エグゼクティブオーシャンスイートは全部で19室ありますが、全てのお部屋が建物の1番端っこ、または端から近い場所に位置します。

正直、建物自体がかなり大きいので、レストランやプールが遠くて微妙な位置…。しかも高い。

泊まってはいませんが、正直不便さが勝ちそうなお部屋です。

【最上階】Ocean Terrace Suite(オーシャン テラス スイート)

ハレクラニ沖縄公式HPより

こちらはビーチフロントウィング棟の最上階に位置するスイートルーム

SHIORI
このクラスになると、もうお値段ありきなので、申し分ない絶景とサービスが堪能できます。

お値段は公式サイトを確認してもホテルへ直接確認と出ているので分かりませんが、一泊40万以上するみたいです。

サンセットウィング棟

ハレクラニ沖縄公式HPより

メインゲートから左側に進み、緩やかな坂を登ったところにあるのが「サンセットウィング棟」。

こちらはワンランク上の大人の宿泊棟です。

坂の上にあるため、ビーチフロントウィング棟の5階部分と同等の高さにエントランスがあります。(そのため、表記は4階~8階の構成です。)

このサンセットウィング棟の見どころは、なんと言ってもエントランスからの景色!

ハレクラニ沖縄公式HPより

この日は曇りであまり良い夕陽が見られませんでした…泣

特に夕日が沈むタイミングの時は一見の価値ありなので、サンセットウィング棟に宿泊していなくても足を運んで見て欲しい絶景です。

また、サンセットウィング棟にはクラブラウンジがあります。

ハレクラニ沖縄公式HPより

SHIORI
ラウンジ、憧れますよねぇ。

ただ、こちらのラウンジは、ハレクラニクリフヴィラ、クリフヴィラ、プレミアクラブオーシャンフロント宿泊の方限定。

無料の朝食やアフタヌーンティー、カクテルサービス、終日シャンパンサービスなど、一味違ったサービスを受けれらます。

手が届く方は是非…。

では、サンセットウィング棟のお部屋もご紹介します。

【4-5F】Deluxe Ocean View Sunset Wing(デラックス オーシャンビュー サンセットウイング)

ハレクラニ沖縄公式HPより

こちらはサンセットウィングの中でもお手頃価格。

ビーチフロントウィング棟のデラックス オーシャンビューと同等クラスで、部屋のサイズも同規模です。

名前の通り夕日がキレイに見えるので、カップルや大人のご夫婦にもってこいのお部屋。

【5-7F】Premier Ocean Front(プレミア オーシャンフロント)

ハレクラニ沖縄公式HPより

サンセットウィング棟のお部屋で景色を満喫するならこのクラス以上。

同じくビーチフロントウィング棟のプレミアオーシャンビューと同等クラスです。

但し、お値段的にはビーチフロントウィング棟のプレミアオーシャンビューより、1万円程度上がります。

部屋の広さも同じですが…。

サンセットウィング棟の方がラグジュアリーテイストだからでしょうか?

【各階の端】Executive Ocean Front Suite(エグゼクティブ オーシャン フロント スイート)

ハレクラニ沖縄公式HPより

ビーチフロントウィング棟のエグゼクティブオーシャンスイートと同じクラスです。

例によって端っこのお部屋となるので、サンセットウィング棟であっても少々歩くのがネックそう。

広さや仕様は変わりなく良さそうですが。

お値段も同じくらいです。

【7-8F】Premier Club Ocean Front(プレミア クラブ オーシャンフロント)

ハレクラニ沖縄公式HPより

このお部屋のランクから、クラブラウンジの利用が付いてきます。

SHIORI
お値段的には1つ前のエグゼクティブ オーシャン フロント スイートとそこまで変わらないので、私だったらこっちが断然おすすめです。

ハードルは上がりますが、確実に憧れのお部屋です。

記念日宿泊にいかがでしょうか?

【最上階?】Coral Suite(コーラル スイート)

ハレクラニ沖縄公式HPより

サンセットウィング棟のスイートに宿泊したいのであれば、コーラル スイートが一番現実的なお値段かも!(安い日で1泊14万/2名/1室/朝食付き)

2部屋分の広さで、ベッドルーム、リビングルーム、バスルームが分かれています。

スイートなのに、グラブラウンジ利用が付いていない?のが不思議です。

【最上階】Halekulani Suite(ハレクラニ スイート)

ハレクラニ沖縄公式HPより

とんでもなくゴージャスなお部屋です。

通常のバスルームの他に、バルコニーの屋外ジェットバスが付いています。

お値段は出ていませんので分かりませんが、4050万円くらいでしょうか

【最上階】Orchid Suite(オーキッド スイート)

ハレクラニ沖縄公式HPより

このクラスになるともう、想像をはるかに超えます。

お値段は、1人1泊50万だそうです。(ネット調べ)

SHIORI
ペントハウスなので、最上級のサービスを心ゆくまで堪能できます。

もう凡人には手が出せません

ヴィラ棟

ハレクラニ沖縄公式HPより

プールやレストランがあるビーチフロントウィング棟やサンセットウィング棟からは少し離れてしまいますが、桁違いの絶景と非日常感を味わえるのがヴィラ棟。

SHIORI
スイートよりも比較的お手頃?なので、プレミアクラブオーシャンフロントより上のクラスで検討する場合は視野に入りそうです。

こちらも種類があるのでご紹介します。

Cliff Villa(クリフ ヴィラ)

ハレクラニ沖縄公式HPより

プライベートプール温泉まで!

喧騒から離れた極上空間で過ごす至福の時間です。

お部屋の広さは83㎡なので、スタンダードよりも少し広め。

SHIORI
しかしながら海がもうすぐそこ!という絶景を独り占めしている感覚は、ヴィラならではでしょう。

お値段は、一休で調べた結果、1泊2名朝食付きで約25万でした。

Halekulani Cliff Villa(ハレクラニ クリフ ヴィラ)

ハレクラニ沖縄公式HPより

ツーベッドルームあり、同じく温泉やプライベートプールがあります。

部屋から一歩も出ず過ごすことができる極上のプライベート空間がウリのお部屋。

こちらは4人泊まることのできる仕様のお部屋で、4名計算で1泊1部屋50でした。

1名当たりで考えると…、クリフヴィラと同等かもしれません。

現実的なところで「ハレクラニ沖縄」の部屋でおすすめは?

1位【サンセットウィング棟】

Premier Club Ocean Front(プレミア クラブ オーシャンフロント)

SHIORI
やはりクラブラウンジが付いているのは便利で最強!憧れのホテルステイが叶うこと間違いなし。

2位【ビーチフロントウィング棟】

Premier Ocean View(プレミアオーシャンビュー)

SHIORI
お値段と景色が素晴らしく、そして各プールやレストランへのアクセスも抜群。

3位【サンセットウィング棟】

Premier Ocean Front(プレミア オーシャンフロント)

SHIORI
大人な雰囲気と夕日を楽しむなら、憧れのサンセットウィング棟へ!

といった感じでしょうか。

ご参考になれば幸いです!

ハレクラニ沖縄のプールは5つ!しかし16歳未満NGのプールも

リゾートホテルと言えばプールが醍醐味!

絶景を眺めながら、おしゃれなプールで過ごす時間は格別です。

SHIORI
海もありますが、小さい子供連れにとってやはり便利なのはプールでしょう。

ハレクラニ沖縄には、屋外4箇所、屋内1箇所のプールがあります。

オーキッドプール

ハレクラニ沖縄公式HPより

ハレクラニを象徴するオーキッドプールは、大きなオーキッド(蘭)のマークが底に描かれているメインプールです。

SHIORI
プールの端の方は浅い造りになっているので、小さなお子様でも遊べます。

奥に行くに連れて深くなりますが、一番深くても1.mなので、大人も安心です。

キッズプール

ハレクラニ沖縄公式HPより

オーキッドプールの真横にあるキッズプール。

深さは0.6mで子供が使いやすい深さですが、滑り台などアクティビティ要素が全く無いシンプルなプールのため、子供は楽しくないのでは?という感じでした。

SHIORI
我が家の1歳半ベビーは、キッズプール横にあったチョロチョロ水が飛び出す噴水?のような場所が楽しかったようでそこで遊んでいました。

見た感じ、子供の利用者は少なそうでした。

クワイエットプール

ハレクラニ沖縄公式HPより

オーキッドプールの海側、道を挟んですぐ近くにあるのがクワイエットプールです。

インフィニティになっており、プールバーも併設されている大人向きのプールです。

よって、16歳未満は利用不可。

子供連れだけど入りたい!という両親には少々不親切な場所です。

オーシャンテラスプール

ハレクラニ沖縄公式HPより

サンセットウィング棟の前にあるインフィニティプール。

こちらも大人の雰囲気漂う、ラグジュアリーなプールですが、同じく16歳未満は利用不可

ロケーションは4つあるプールの中で断トツ1位ですが、子連れが利用できないという点がネックです。

屋内プール

ハレクラニ沖縄公式HPより

意外と重宝するのが屋内プール。

特に真夏以外に訪れた方は、この屋内プールは欠かせないでしょう。

ビーチフロントウィング棟にあり、温かい温水プールになっています。

6月などは天気の良い真昼間であれば大丈夫ですが、梅雨時期も相まって天候が悪いと結構寒いので、屋内プールは欠かせません。

SHIORI
プール脇にはジャグジーもあり、温かいので子連れには嬉しいポイントです。

プールに関しての注意点

私たちが訪問した時は閑散期だったので楽しく過ごせましたが、お盆時期などピークでは、ファミリー旅行が増えオーキッドプールが大変混雑するようです。

(ファミリーで使える屋外プールが、オーキッドプールしかないため)

SHIORI
なので、プール重視で選ばれる場合は、他のホテルの方が良いかもしれません…。

また台風の時はプールは閉鎖されます。

ハレクラニ沖縄のホテル内ショップでは、プール用おむつの販売もある

ハレクラニ沖縄公式HPより

ちなみに、ビーチフロントウィング棟1Fにショップがあり、ハレクラニの関連グッズなど売っているのですが、プール用おむつも販売しています。

うっかり忘れてしまった&足りなくなった時には購入可能です。

ハレクラニ沖縄のレストランは4つ

子連れ旅では移動が多いと何かと疲れます。

SHIORI
食事ももちろんホテル内で済ませることができるとベスト。

ハレクラニ沖縄には4つのレストランがありました。

オールデイダイニング『HOUSE WITHOUT A KEY

ハレクラニ沖縄公式HPより

恐らく、滞在中最も多く利用するのがこのレストランです。

「ハウス ウィズアウト ア キー」はハワイの老舗レストランの日本版。

オールデイダイニングとなっており、朝7:00〜夜22:30(ラストオーダー22:00)まで営業しています。

朝食会場にもなっており、種類豊富なビュッフェ形式で提供しています。

SHIORI
しかもなんと朝食として利用できる時間は14時まで!

朝食は軽めで良いという方は別で済ませ、昼食として「ハウス ウィズアウト ア キー」を利用するとたっぷり食事を楽しめそうです。

 

アフタヌーンティー、ディナータイムからは1品料理での提供。

SHIORI
特に、マガダミアナッツソースのかかったハレクラニ名物のパンケーキは必食!

ココナッツケーキも人気のようですが、個人的にはパンケーキの方が美味しかったです。

色々頼んでシェアがおすすめです。

奥に見えるのはキッズプレート。

シグネチャーカクテルも絶品。

イノベーティブ『SHIROUX(シルー)』

ハレクラニ沖縄公式HPより

SHIORI
私が宿泊前、絶対に来てみたい…!と意気込んでいたレストランがここ。

地元食材を使ったイノベーティブな料理を提供するレストラン。

会場の雰囲気と共に、ステキな料理を提供してくれます。

朝食は 7:00-11:00の提供。

子供連れだと個室がマストとなっているのですが、朝食の時間は個室料金は支払い不要です。

人気のレストランなので順番待ちは必須!

朝食時間帯もディナーも混み合うので、予約は不要ですが、レストランに向かう前にオンラインで受付を済ませることをおすすめします。(朝6:30〜受付開始)

ちなみに私が伺った時はこのような感じのメニューでした。

離乳食や子供向けのメニューもあるので、成長度合いに合わせてオーダーできるのも嬉しいです。

ディナーでは、18000円のコース料理のみで、しかも子連れは個室必須なので、結構なお値段になりそうです…。

ステーキ&ワイン『キングダム』

ハレクラニ沖縄公式HPより

ここは是非、奮発してディナーで訪れて欲しいレストラン。

SHIORI
控えめに言って、美味しすぎました…!

ステーキがメインのダイニングということもあり、お肉料理は絶品です。

海鮮の盛り合わせやお肉、ワイン、全てが新鮮&極上!

食レポが下手すぎて恐縮ですが、お肉好きには是非訪れて欲しいです。

お値段の価値ありです。

日本料理『青碧蒼(あおみ)』

ハレクラニ沖縄公式HPより

ハワイの雰囲気を味わいたくて宿泊したので、あえての日本料理は選ばなかったのですが、高級日本料理店の味を堪能できるレストランです。

評価的には高そうですが、ハワイ感を感じたいならあえて選ばなくても良いかも。

私は未訪問です。

ハレクラニ沖縄はインルームダイニングもOK!部屋でのお食事も◎

SHIORI
インルームダイニングは、小さい子連れには嬉しすぎるサービス。

ハレクラニ沖縄も、部屋のタブレットからメニューを注文することが可能です。

メインダイニングの「ハウス ウィズアウト ア キー」の料理などは、ほとんどインルームダイニングで注文できました。

移動で疲れた初日の夜など、とっても便利だったのでおすすめです!

ハレクラニ沖縄宿泊のベストシーズンは、6月終わり~7月初め

プールや海を楽しむなら、やっぱりハレクラニ沖縄のベストシーズンは6月終わり〜7月初め

私は6月頭に伺いましたが、まだ梅雨が明けておらず3泊4日ほぼ小雨か曇りでした。泣

SHIORI
おまけにプールはちょっと寒い日も。

なので6月終わりの梅雨明けから、暑い時期での訪問がおすすめです。

8月に入ってくると台風の心配が出てきます。

ベストシーズンは限られますが、失敗したくない方は是非狙って訪問してみてください。

ハレクラニ沖縄へのアクセスは車がベスト

ハレクラニ沖縄への行き方ですが、那覇空港から車で約75分と少し距離があります。

時間に余裕があればレンタカーを借りて、那覇周辺やアメリカンヴィレッジに立ち寄りつつ、ハレクラニ沖縄へ向かうのがおすすめです。

駐車場の事前の予約は不要

ただし、有料で1台¥1,500/日かかります。

ハレクラニ沖縄では空港からの送迎サービスなどは行っていないため(スイートは有り)、個人で移動手段を確保する必要があります。

観光は一切せずホテルのみということであれば、沖縄エアポートシャトル(大人¥1600)か、空港リムジンバス(大人¥2040)で移動もありです。

ハレクラニ沖縄の近くのコンビニはローソンが1つ

何か必要なものがあった時に有り難いコンビニは、ホテルのすぐ近くにローソンがあります。

ホテルのバレーサービスを利用し、ローソンに行きたい旨を伝えると、近くのゲートまで送迎してくれます。

ホテルの目の前にあるのですが、何せホテル自体がかなり大きいので、バレーサービスを利用して向かうのがおすすめです。

ハレクラニ沖縄で借りられる赤ちゃん向けグッズ

小さい赤ちゃん連れだと、旅行時も何かと入り用です。

その点、ハレクラニ沖縄ではホテルで借りられるグッズがとても充実していました!

ホテルで借りられる赤ちゃん向けグッズ

・離乳食温め機

・哺乳瓶消毒機

・ベッドガード

・おむつのダストボックス

・ベビーカー

・浮き輪

また、レストランでは赤ちゃん向けの離乳食も提供しています。

ただ種類はそんなに多くないので、味を覚えてきている年頃だと「飽きるかも?」と思ったりします。(本人は言いませんが笑)

持ち込みの離乳食をレストランで温めてもらおうとしましたが、衛生管理上、それはできないとのことでした。

【結論】ハレクラニ沖縄を子連れ旅で利用するなら、3歳までがおすすめ

色々とお伝えしましたが、結論、ハレクラニ沖縄は3歳くらいまでの小さいお子さんとの子連れ旅におすすめです!

赤ちゃん向けのグッズはかなり充実していると思います。

SHIORI
1歳半のベビーと滞在しましたが、滞在中に困ることはありませんでした。

どちらかというと大人向けのホテルなので、まだアクティブに動き回ることが少ない1〜3歳くらいの年頃が良さそうです。

体力が付いて元気に動く年齢になると、ちょっと物足りないかもしれないので、大型のプレイプールがあるホテルの方が良さそうですね。

子供が大きくなってきたら、今度はリッツ・カールトン沖縄やブセナテラスに宿泊したいと思います。

以上、ハレクラニ沖縄のレポートでした!

SHIORI

 

旅の知恵 掲載情報 ・実績

2024/2/15

おすすめの旅行ホテル予約サイトは?【プロの逸品で紹介しました!】

ちょっと前になりますが、人気メディア「プロの逸品」にて、おすすめの旅行予約サイトについて紹介しました。このお仕事をしているとよく聞…

ReadMore

トラベルライターのお仕事 掲載情報 ・実績

2024/2/15

【TV出演】関東ローカルの番組に、トラベルライターとして出演しました!【ニュースこれさえランキング】

お久しぶりのブログです汗どうも、トラベルライターのSHIORIです。 もう放送が済んでしまいましたが、2024年1月…

ReadMore

未分類

2023/11/8

安いクーポンが多い?密かに話題の「キレイパス」で格安の美容施術チケットを探してみた

前までは美容クリニックの予約サイトが限られていましたが、ここ5年くらいで一気に増えたような気がします。以前、別の記事で韓国発の美容…

ReadMore

沖縄-okinawa-

2023/8/30

【徹底解説】ホテル「ハレクラニ沖縄」が1歳半ベビーとの子連れ旅行にベスト過ぎた話。

 こんにちは!トラベルライターのSHIORIです。沖縄は何度も訪問しており、子連れ旅でも毎年行っているのですが…特…

ReadMore

掲載情報 ・実績

2023/8/2

【PR・広報をご検討の観光地・ホテルさまへ】トラベルライターが戦略設計から拡散までお手伝いします。

ページをご覧頂きありがとうございます。トラベルライターのSHIORIです。コロナ禍を抜け、旅行熱が復活してきた2023年。以前…

ReadMore


google広告

SHIORI

トラベルライター兼トラベルジャーナリスト。元リクルート社員。旅行会社webマーケ、女子旅メディアディレクターなどを経て独立。ファッション誌『CLASSY.ONLINE』ライターなど、現在多くのメディアで活動中。「旅を通して綺麗を磨く」をモットーに、現代女性のストレスを解消する旅をリサーチしています♪

おすすめの記事

-沖縄-okinawa-
-,