日本-Japan- Travel blog

コロナで今後の『旅行スタイル』はどう変わる?次に来る旅トレンドを現役トラベルライターが予想


こんにちは!
トラベルライターのSHIORIです。

緊急事態宣言の延長が決まり、5月末まで引き続き自粛生活が続くことが決定しましたね。

SHIORI
旅好きの私としては一刻も早く飛び出したい気持ちなのですが、現実問題、しばらくは難しそう。

しかも、今後は旅行のスタイルを変えなければならない状況になりそうなのです。

そこで今回は、今後の『旅行スタイル』の変化と『旅トレンド』を予想!

1〜2年はこんな旅にシフトするであろう未来を語りたいと思います。

 

来たるwithコロナ時代…観光は「マイクロツーリズム」が鍵

先日、星野さん(星野リゾート社長)とホリエモン(堀江貴文)の「日本の観光復興プランを考える」の対談がNewsPicksで放映されました。

その対談の中でKWとなっていたのが「マイクロツーリズム」という単語。

SHIORI
マイクロツーリズムって…何??と思った方も多いのでは?

簡単に言うとマイクロツーリズムとは「遠出をせずに、地元・地域を観光してみよう」ということ。

コロナウイルスが完全に消え去ることが難しいと予測される今後では、いかにウイルスに感染するリスクを抑えながら旅をするか、がポイントです。

マイクロツーリズムという近場の観光であれば、長距離移動も無いので、比較的ウイルスの感染リスクは抑えられるという考え方のもとに提唱されています。

私もこの流れが来ることは同感で、特定の観光地に集中したオーバーツーリズムを回避できますし、地元の観光地を新たに再発掘できるという、良い側面も現れると思います。

感染リスクを全く気にしない若者も居ますが、家族を抱える世代にとってはリスクしかない今の世の中。

その中でも旅行を楽しむには、まずマイクロツーリズムの活性化が重要なのではないでしょうか。

ホテルなどの宿泊業は「一棟貸し」や「おこもりステイ」がトレンドに

コロナ感染で危惧されるのは、人との接触

それは旅行先でも同じです。

なるべく人との接触を避け旅気分を味わうためには、「一棟貸し」「おこもり」スタイルのホテルや旅館がベスト。

SHIORI
上の写真は「星のや竹富島」の一棟貸しのお部屋。お庭もありお風呂も付いていて、おこもりできてとっても快適でした!(※記事はこちら

しばらくは観光地に足を運ぶのではなく、宿にこもって滞在できるような旅のスタイルが流行る予感。

私も「星のや竹富島」のような宿を調べるのに、すでに夢中です。

 

接触を避けるという面では、キャンプやグリーンツーリズムも人気の兆し

人との接触を避けられるという点で、もう1つ人気が出そうなのがキャンプグリーンツーリズムなどのアウトドア系の旅行スタイル。

自分たちでテントを張ってプライベートスペースを保て、自然の中で非日常スタイルを手軽に楽しめる(しかもコストが安い)とくれば、週末の過ごし方として選ばない理由は無いでしょう。

今は一人キャンプなどもブームになっているので、今後はトレンドとしてアウトドアスタイルの旅も期待できそうです。

 

コロナ終息直後は、パワースポット巡りブームが来る!?

コロナによる影響は、人体の健康のみならず、経済活動、生活不安、リストラ、差別…などなど、多岐に渡り被害を及ぼしています。

歴史上、このような不安な社会情勢が起こった後に来るのが、神社への参拝などを行う信仰活動なのだそう。

SHIORI
人間はどうしようもない不安や孤独を抱えると、何か希望を与えてくれる神様のような存在を求めるようになります。

このコロナで大きくストレスがかかった後は、今現在でも人気のある「パワースポット巡り」「御朱印集め」にさらにブームが来る予感。

なんだか薄暗く、気持ちが重い状況を打破するために、神社などのパワースポットで氣を浄化させたいですね。

 

海外旅行が活性化するのは、各国のコロナ終息の連携が取れてから

今、先行してコロナの終息が見られている中国や韓国では、国内旅行の解禁が見られています。

現状、コロナの再流行などは取り上げられていませんが、解禁後の状況によって今後の海外旅行の規制緩和は大きく影響されるでしょう。

この間のニュースで、国連世界観光機関とWHOが連携してコロナ対策にリーダーシップを取って行くと発表しました。

今回のコロナは世界で同時多発的に起こっているので、一国のみの終息では渡航を解禁できないのが現状。

海外で感染し発症した時のリスクを考えると、やはり1年ほどは油断を許さない状況が続くと思われます。

今後は各国のコロナ終息の状況と、渡航解禁に対しての連携が重要になってきそうです。

 

また旅に出られる、その日までー

私的には今回のコロナショックは、国内の魅力を新たに発見できる良い機会だとポジティブに考えています。

ここから1〜2年の海外旅行は難しくても、必ずまた旅に出られる日は巡ってきます。

その時に向けて、今は日本の観光を潰さないよう、日本国民みんなで助け合っていきたいですね。

 

SHIORI

 

トラベルライターのお仕事 掲載情報 ・実績

2021/7/12

【インタビュー掲載】NoAdd Workerにてトラベルライターになった経緯など取材頂きました!

現在では、「リモートワーク」や「フリーランス」「ワーケーション」などがよく聞く言葉になってきましたが、私がトラベルライターを目指し始…

ReadMore

旅の知恵

2021/7/8

ワイヤレスイヤホンsudioで快適な音の世界に!Ettがオシャレでカッコいい【VGP 2021受賞モデル】

定番はAirPodsだけど、皆んな持ってて被るし高いし…(2万後半は痛い)。かと言って安かったりするとすぐ壊れそうだし、音質も悪そ…

ReadMore

インドネシア-Indonesia- トラベルライターのお仕事 オーストラリア-Australia- 掲載情報 ・実績

2021/7/12

【雑誌掲載】6/9発売!ananの占い増刊号「恋と運命」に掲載されました!

今回なんと…このananの人気シリーズの特集に掲載頂きました!ウレシイ。。。泣ananの占い増刊号に掲載!あの人のパワースポット…

ReadMore

静岡-shizuoka- SHIORIの気まぐれ日誌

2021/6/11

産後2ヶ月、子連れ旅でホテルステイ!オークラ浜松のスイートルームでステイケーション

怒涛の出産からあっという間に時間が経ち、産後2ヶ月。毎日朝から晩まで続く、授乳・抱っこ・オムツ替え…。しかも生後3週間を過ぎた頃…

ReadMore

掲載情報 ・実績

2021/7/12

peach×LOCARIの特設ページに掲載!コロナ禍だからこそ大事にしたい「ワーケーション」

緊急事態宣言がまた発令され、withコロナの生活に終わりが見えない今。新しい仕事のスタイルとして「ワーケーション」が注目を集めてい…

ReadMore


google広告

  • About me!

SHIORI

トラベルライター兼トラベルジャーナリスト。女子旅メディア『LOVETABI』ディレクター、ファッション誌『CLASSY.ONLINE』ライターなど、多くのメディアで活動中。「旅を通して綺麗を磨く」をモットーに、現代女性のストレスを解消する旅をリサーチしています♪ 最近活動してないけど、実は歴7年のベリーダンサーの側面もあり。

おすすめの記事

-日本-Japan-, Travel blog
-

Copyright© トラベルライターSHIORIの女子旅ブログ*美TRIP , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.