トラベルライターのお仕事 Travel blog

コロナショックでトラベル系フリーランスの仕事への影響は?【旅に行けない今考えるべきこと】


こんにちは!
トラベルライターのSHIORIです。

突然現れた新型コロナウイルスにより、私たちの生活は激変…。

私を含め、多くの方がこの「コロナ不況」に苦しんでることと思います。

SHIORI
そこで今回は、トラベル系フリーランスである私が、コロナショックでどのように旅の仕事に影響を受けているのか、をお伝えしたいと思います。

トラベル関係の職業を目指している人、フリーランスに興味がある人は、是非参考にして頂けたらと思います。

 

コロナショック序盤は、海外取材の延期からスタート

もともとは2月に香港タイアップ取材が入っていたのですが、中国からのコロナウイルスの影響が来ていたので早々に延期に。

海外取材は1つで結構大きな案件だったりするのでこれは大きな痛手でした。

私はもともとアジアが好きで、アジア案件を中心に取材を行っていたので、コロナの影響はすぐに実感。

そこから海外取材はパタッと止まり、話が来ていたものも続々と中止や延期の報告を受けました。

 

3月に入ってからは国内取材も中止へ

かろうじて動いていた国内取材案件ですが、3月に入るとこちらも中止になりました。

この頃、多くの人数が集まる場所での感染が危惧されており、会食やイベントなどを中止するよう政府から呼びかけられていたため、クライアント側で責任を負うのが難しい状況だったからでしょう。

3月中旬に、私がディレクターを勤める女子旅メディアの5周年記念イベントを予定していたのですが、もちろんそれも見送りと判断。

この時点で旅関係のオフラインの仕事はゼロになりました。

 

メディアでの旅関係の執筆も発信NGに

現実的に旅に行くこと自体が難しくなった4月は、旅に関する記事の発信も多くのメディアで控えるようになりました。

家から出ることも危険な今、旅の楽しそうな情報を発信するのは不謹慎だという、メディア側の判断でしょう。

旅行の記事を執筆し、原稿料を貰っていたトラベルライターにとっては、最後の収入源も無くなったという状況です。

ただ、フリーランスで仕事をしていると思いがけないことも起こり得るので、このような事態に備えて貯金をしています。

会社が保障してくれる訳ではないので、自分の身は自分で守るクセをつけておくのが大事ですね。

 

旅関係の業者・クライアントも状況リサーチ

緊急事態宣言が出た後は、観光局やホテル・PR会社などから、旅行ニーズやメディアでの発信に関しての質問も受けるようになりました。

おこもり需要が増えたことで、ライフスタイル系メディアのアクセス数は増加。

しかし旅メディアは苦戦を強いられており、発信することも難しければ、アクセスも集まらない状況。

このコロナの危機的状況の中で、収束後の旅行ニーズは高まっているのか?発信は可能なのか?など、旅行業界全体が気になっている様子でした。

 

5月に入った現在、これからを考えて今していること

緊急事態宣言が延長されることが濃厚になった現在。

前回の記事で書いたように、私は約1年ほどは海外旅行が難しいと考えています。

本格的な終息は、効力のあるワクチンが開発され、人々の安心が確保されてからになるでしょう。

それまでは政府の旅行費補助の推進もあり、国内旅行が活発化すると思っています。

活発化とは言っても、なるべく人との接触が少ないスタイルの旅(おこもりステイや一棟貸し宿)がベターになるのではないでしょうか。

 

現在私は、観光に特化したPR&WEBデザインの会社を立ち上げるための勉強をしています。

今後の日本の旅行業界を活性化させ、地域に貢献したいと思い、準備を進めている段階です。

自宅に居て時間がある今だからこそ、出来ることを進めようと思いました。

 

恐らく今まで通りのようなトラベル関係の仕事を受けるのは、1〜2年はかかると思います。

不況に入るとまず広告費から削られますからね。

その窮地の状態に陥ってからでは身動きが取れないので、今できることは今のうちに。

コロナによって変わるライフスタイルを予想して対策を取ることが、今するべきことだと思います。

なんとかこのコロナショックを乗り越えたい

 

他にもたくさんの人が大変な思いをされてるかと思いますが、みなさん、どうにか一緒に頑張っていきましょう!

 

SHIORI

 

ノードグリーン nordgreen

旅の知恵

2020/12/29

旅中のファッションを格上げする時計「nordgreen (ノードグリーン)」のオシャレなウォッチ

SHIORIかつてはボロボロの格好でバックパッカーをしていた私ですが、三十路にもなるとそこそこ身なりも整えなければと意識するようになってきました。笑 旅中もファッションを楽しみたい! 時計にもこだわりたい! 最近はAppleWathが主流になりつつありますが、あえてレトロでクラシックなオシャレ時計を最近入手してので、ご紹介させて頂きます。   Contents1 サスティナブルで環境に配慮したデンマークの腕時計ブランド「nordgreen (ノードグリーン)」が素敵!2 私が購入したnordgr ...

ReadMore

長野-Nagano- 掲載情報 ・実績

2020/12/29

【掲載】『星のや軽井沢』で癒しの夫婦おこもり旅!メディテイションバスや絶品創作料理でほっこり幸せ気分へ

12月上旬の肌寒くなって来た頃、長野県・軽井沢にある「星のや軽井沢」に夫婦でおこもり旅取材をして来ました! 現在妊娠中の私は、「子供が生まれたら、なかなか静かに旅行できる機会も少なくなるな〜」と思っていたので、今回の取材兼夫婦旅は最後の贅沢旅になり嬉しかったです。 星のや軽井沢のおこもりステイの様子を、LOVETABIにて執筆したので是非ご覧頂けたら幸いです。 ▼LOVETABI記事 『星のや軽井沢』で癒しの夫婦おこもり旅!メディテイションバスや絶品創作料理でほっこり幸せ気分へ   Conten ...

ReadMore

トラベルライターのお仕事

2020/12/14

トラベルライターになって良かった事8つ 【フリーランスで働く筆者がお仕事のメリットを解説!】

こんにちは! トラベルライターのSHIORIです。 2020年はコロナの影響で自由に旅行に行けない日々が続きましたね…。 SHIORIこのような状況になると、改めて自由に旅へ行ける事への有難みを感じます。 今回は、トラベルライターとして活動している筆者が、この仕事に就いて良かったなぁと思っていることをまとめてみました。 今は難しい状況かもしれませんが、将来トラベルライターになりたいと思っている方の参考になれば幸いです。 Contents1 トラベルライターになって良かったこと①取材で海外に行ける!2 トラ ...

ReadMore

長野-Nagano-

2020/11/7

長野『蓼科』の紅葉が見頃です♡長野観光におすすめ!【2020年秋紅葉最新情報】

こんにちは! トラベルライターのSHIORIです。 長野に移住して早くも2ヶ月目に突入…。 SHIORI今回は長野市から車で1時間半ほどで行ける紅葉スポット『蓼科』に行って来ました! いい感じに色づいていて素敵な紅葉狩りができたので、その観光スポットと立ち寄りたいおすすめカフェをレポート致します。   Contents1 長野の蓼科にある紅葉が美しい観光スポット①「雨境峠頂上」2 長野の蓼科にある紅葉が美しい観光スポット②「女の神展望台」3 長野の蓼科にある紅葉が美しい観光スポット③「御射鹿池」 ...

ReadMore

旅の知恵

2020/10/30

旅人必見!Gaston Lugaから待望の『防水バックパック』が登場したよー!

旅人に必須なのは、丈夫で機能性と収納力に優れたバックパック。 SHIORI尚且つ、オシャレさも兼ね備えていれば完璧! そんな旅人の要望に応えてくれる、スウェーデンの首都・ストックホルムの人気バックパックブランド「Gaston Luga(ガストンルーガ)」から新作の防水バックパックが登場しました! 今回はその注目の新作バッグをレポートさせて頂きます!   Contents1 Gaston Luga(ガストンルーガ)待望の新作!防水機能付きの『splash 13』!2 Gaston Luga(ガズト ...

ReadMore


google広告

  • About me!

SHIORI

トラベルライター兼トラベルジャーナリスト。女子旅メディア『LOVETABI』ディレクター、ファッション誌『CLASSY.ONLINE』ライターなど、多くのメディアで活動中。「旅を通して綺麗を磨く」をモットーに、現代女性のストレスを解消する旅をリサーチしています♪ 最近活動してないけど、実は歴7年のベリーダンサーの側面もあり。

おすすめの記事

-トラベルライターのお仕事, Travel blog
-

Copyright© トラベルライターSHIORIの女子旅ブログ*美TRIP , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.